40代 婚活の現実

40代 婚活の現実

アラフォー からの婚活

年齢制限で差別されていませんか?

婚活市場で、自分は売れない。。などと悩んでいませんか?

そもそも、人間の価値は、年齢で決まるのですか?


苦しくて
悩んでいたら

ちょっとだけ
考えてみましょうよ。


何故、自分が惨めな思いをしてまでも婚活したいのか?

何を期待して、自分の価値をさげてまで、男子に媚びる活動を行っているのか。

その思い込みを
変えてみるのです!


若い頃
誰かのお嫁さんになることに
憧れて

姓が変わって
誰かのものや
所有物になることを
夢見ていたかもしれません。。

なんとなく
誰もが、結婚できると思っていた。。という方多いんです。

しかし
結婚って、
何のためにするのでしょう。。

パートナーとの在り方
付き合い方には
様々な形があると、わかるのは
40を超えてから、でしょうか?

三高 ?

三高なんて
言葉が
昔昔には、ありましたね。



男性は背が高く
収入も高く
学歴も高い

高いほど良い。。との妄想。。

🌟🌟🌟🌟🌟

もはや、終身雇用の時代はすでに終わりました。


高学歴であっても、簡単にリストラされるのです。

優良企業にお勤めしていても
死ぬまで安心の給与とか、ないのですから、

高学歴と高収入には、もはや、つながりがないと考えたほうが正しいです。

まして、良い会社といわれるようなところで、専門性なくゼネラリストになっても、一生の給与は保証されません。

永遠の雇用を約束するなんて企業はないのですから、

明日は一文無しになることだって、普通に起こりうることです。


背が高くても、自信過剰なら、うざいだけ!


ぼぉっと
突っ立ってるのは、邪魔なだけ!

イケメンは、見てるだけで幸せな気分にしてくれる。。とおっしゃる方。

とても興味深い見解があります。

こちらをどうぞ。。

イケメンは、○○が下手


何より
あなたが、彼を好きでなければ
一緒にいる意味もないのに、条件で選べば、最後はどうなるか、想像がつくでしょうに。。。。

女性は、男性に
お金を求めて
無碍な扱いをされても

耐えなければ、ならないのだろうか?

もちろん!
素敵なレストランに
誘ってもらえたら

嬉しいですね。。。

でも、それは


自分を喜ばせようと
素敵な場所を選んでくれる


その愛情、心遣いが嬉しいのであって

その大切な時間を

大好きな人と過ごせることが、重要なのであって、

損得勘定になった瞬間から、相手を大好きなパートナーではなく、

モノをくれる人にしてしまうわけですから、態度に出てしまいますね。

自分が好きなものを

「美味しいね〜」と言いあいながら
食べたり
話したりするからであって


「彼には、奢ってもらえるから、得した!」

なんて思うなら
この先
その上下関係で、気を遣って、生きていかなければならない。。。

そのうち、「お前は、俺の金で生きている。。」なんて、最低な発言をするようになる人もいるのです。

調査から出ている以下の真意の報告を参考にしてみてくださいね。

年収1000万円を条件に 婚活したけど、離婚したい症候群

男女関係は、永遠のBestフレンド

昭和の思い込みがはびこる地域では、

長男こそが、後継ぎ!嫁は、ただ従うのだ。浮気されても我慢。。なんて、おぞましい考え方が根付く地域もあるようですが。。

時代遅れの方々の思い込みを変えようとするほうが疲れるので、近づかないようにしましょう。

男に生まれようが、女に生まれようが、どっちが上なんて競争はないはず

一緒に遊びたければ

好きな趣味を共に楽しみ

相手のことをお互いが尊重し


自分も大切な人として、尊重される関係

世界のエグセグティブと結婚したいなら

そうであるなら、

別に
年がら年中一緒にいなくてもいい。

まめまめしく
メールをくれる男性でなくても
構わないはず。。。

なのに、まだ、勘違いして、一日中携帯を、胸に抱えて、彼からの連絡を待っていませんか?

男が年上、だから、どんな判断も正しい?

男女関係なくどちらかが歳上だから

何でも知ってるなんてことは
ないわけで

カッコつけて
無駄な話をされるくらいなら

いくらでも調べようと思えば、ネット上にヒントはいくらでも転がっています。

専門家に相談することだってありです。

人間関係はどちらかに
ベターっと依存すれば
言いたいことも言えない!

アラフォー からの婚活って
自分を年齢で、卑下したその時点で

本来の
理想の人間関係から
大きくかけ離れていくことになるのです。

他人軸で生きるのをやめる

自分を信じられず、自分で決断ができないというのは

リスクを受け入れることができないからです。

結局は、いかなるチャンスがきても

逃すことになるでしょう。

「腹をくくる」というと大げさに聞こえるかもしれませんが、

どちらの道を選び、どちらに転んだとしても

結局は

あなたが決めたなら、あなたにとって良いから、選択の岐路に立っているわけで、

実のところ、どちらを選び、なんだかんだ経験して

遠回りしても

また

あなたが決めた道

あなたが、本気で生きたい道、納得のできる人生へと

戻ってくるのだから

自分磨きの時間に使いましょう!

自分の価値を下げて、

誰にでも当たり前にやってくる年齢を重ねることをネガティブにとらえて、

落ち込んでしまうくらいなら、

婚活の時間を、

自分磨きの時間に変えていきましょう。

結婚願望なし?50歳男性の4人に1人は、結婚経験がない!?

現状維持を打破して、見たい世界を見るたった一つの方法 !

├ 婚活カテゴリの最新記事