気づき

【2021最新】離れて暮らす親見守り 一人暮らしの親遠隔見守り

握手気づき

【2021最新】離れて暮らす見守り 一人暮らしの親遠隔見守り 

離れて暮らす一人暮らしの親が心配

親遠隔見守り方法はないかしら?

一人暮らしの高齢者、孤独死なんてことのないよう、見守りたい。

プライバシーを侵害することなく、異常が察知出来たら良いのに。。

40代、50代の働き盛り、遠方の親見守りたい、一人暮らしの親見守りなど、離れて暮らす親の見守りはどうしたらよいか、心配は絶えないですね。

何かあっても、すぐに駆け付けられないのは、やはり不安です!一昔前は、24時間体制で監視するなどの考え方もあったかもしれないけれど、もっと優しい最新の機器や、サービスはどういうものがあるのか、

普段と違う親の行動を気がつくこと!実現可能なスマートな遠方の親見守り方法をいくつかご紹介しながら、

高齢者生活支援サービス、介護制度についてその利用など、

離れて暮らす親見守りたいが、どうすれば?というお悩みの解決方法を解説します。


この記事は、医学•薬学を愛する公衆衛生学修士が監修しました。

離れた一人暮らしの親見守り

朝

離れて暮らす親見守りたい。。いつもは元気のようだけど、

「もしものとき」にすぐに駆け付けられないのは不安。。

状況を知らぬまま放置されたら、いざというとき何が起きているかわからないのは心配。。。

親と同居せず、仕事のために遠方で暮らす40代、50代の方なら、そんな心配をなさっている方々も多いと思います。

誰かに頼んで定期的に訪問してもらう方法もありますが、要介護の段階ではないとしたら、定期的に訪問していただくとなると費用もかさみます。

火の元はちゃんとしてるかな、倒れたりしていないかな。。と心配である一方で

親遠隔見守りといっても、カメラで四六時中監視するのはプライベートにもかかわりますよね。一昔前は、24時間監視カメラもありましたが、何より親の同意が必要になります。

そうではなく、自然な感じで、普段と違う親の行動を気が付くことができたらいいのに。。実現可能なスマートな方法をご紹介しておきます。

SIMカード内蔵、インターネット環境がなくても使える見守りカメラ



みまもりCUBE*インターネットが要らないカメラ*

は、SIMカード内蔵のため高齢者宅などインターネット環境がない場所でもコンセントをさすだけですぐに利用できます。

映像の確認以外にも ・簡易的な双方向の会話も可能


高齢者の見守り以外にも、防犯等にも使えます。

特徴は、検知機能=設定した動きを見つけてリアルタイムで画像付きメールで通知 (オプション)

例えば、出入りがあったらお知らせ・ベッドからの離床のお知らせ が可能です

離れて暮らすご家族様から

「様子が見れて安心できている」という声も多数!


みまもりCUBE*お試し体験キャンペーン実施中*


本契約後は月額4,290円(税込)~のレンタル ですが、お試し体験キャンペーン実施中(キャンペーン料金¥3,190税込)


ひとり親見守り wifi環境の整備

便利な方法を使うには、「実家ではパソコンを使用しないから、ネット環境は要らない」いうのではなく、格安のネット環境を整備しておくことをおすすめします。

申込数2万台突破★期間縛り無し!解約金無し!月額980円~【FUJIWifi】

ネット環境は長時間使用しないのであれば、格安SIMフリーのルーターやモバイルのWIFIルーターのレンタルなど、格安のものが、たくさんありますね!

タブレットに LINEを入れておけば、気軽にテレビ電話もできますし、

親が興味がある落語のyoutube 動画、料理動画など、あらかじめ入れておいてあげれば使いやすく、楽しいので、抵抗なく使用できると思います。

見守り 親といえども、最初はデジタル化に抵抗を示したり、なかなかスムーズに導入できないこと十分考えられますが、気長に少しずつ興味を持ってもらう形で進めるのが、ベストです。操作がうまくできないなんて、想定内なのですから、怒らず、焦らず、進めることをおすすめします。

そしてwifi環境が整えば、実家の親の部屋の、電気をスマートLEDに取り換えると、あなたのスマホに、スイッチのオンオフが届き、親の生活パターンがわかります


ライト

親遠隔見守り

実家の親の動きを確認するには、

部屋の、電気をスマートLEDに取り換えると、あなたのスマホに、スイッチのオンオフが届きます。

夜になると電気をつけますから、帰宅時間もわかります。電球をソケットに差し込み、デバイス追加を行うだけです。

以下のような方法があります。こちらは一度取り付ければ、OK

+StyleのスマートLEDシーリングライト
スマートLED電球

をご紹介しますね。

+StyleのスマートLEDシーリングライト



工事不要、配線機器に取り付ければすぐ使える

調光スイッチの取り付け工事が不要でスマートフォンと Wi-Fi環境があれば、すぐに使い始められます。 また、照明製品として一般的なWi-Fi連携するために必要な「ハブ」なしで、配線機器にシーリングライトを取り付けるだけです。

スマホアプリで、外出先からの遠隔操作も可能


親の家の電気のon offをスマホから確認する方法

リビングや寝室の電気を

+StyleのスマートLEDシーリングライト


メッセージ通知方法

  • シーリングライトを天井に取り付けたら、デバイス追加 (wifi接続)します。
  • メッセージ通知は、スマートモードから設定
  • デバイスから、シーリングライトを選び、電源をオン を選択
  • メッセージ通知を選び、メッセージセンターを選べば設定完了です。

スマホの通知許可をする方法:

  • アプリの右下のプロフィールから、設定を選ぶ
  • アプリのメッセージ通知を有効にする
  • 端末の設定~iPhoneの設定から通知~【+Style】アプリの通知の許可を選ぶ。
  • 通知をタップすると、このメッセージがいつ届いたか、確認することが可能です。




②スマートLED



見守りができるハローライト

スマホの+Styleアプリを通じて、照明のON/OFFやタイマー設定、調光の切替、シーン切替などかんたんに細かな設定ができます。 家の中の離れた場所や外出先からも操作が可能です。 遠隔操作ができるから、旅行時などの留守中の防犯対策としても活用いただけます。

タブレット遠隔操作 親

玄関の開け閉めを、スマホにお知らせしてくれる機能を使えば、外出の有無も見守ることができます。


一言コラム

介護生活支援が少しずつ確立されてきているものの、まだまだ十分ではない現代

2040年、高齢者世帯の40%は独り暮らし。

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所の「日本の世帯数の将来推計」によると、

世帯主が65歳以上の高齢世帯は2040年に全世帯の44.2%を占め、

日本の約900万世帯は、

一人暮らしになると、予想されています。

2040年には、高齢者世帯の40%は独り暮らし

周りを見渡すと、二人に一人が高齢者、その半分は老後の一人暮らし

一人で 生きていくなんて怖いと思われている方も多いのではないかと思います

配偶者も子どももいない一人暮らし高齢者は

経済的にも健康面でも不安定な状況になりやすい。

特に「自営業などで基礎年金しか受け取れない高齢者は年金額も少なく、貧困に陥りやすい」

とも、言われています。

逆の考えでいったら、多くの方が おひとりさまの老後を迎えるわけです。

みんな 結局、老後の一人暮らし

結婚していてもいなくても

シングルマザーの老後の生活も

老後が不安な独身貴族も

結局は、おひとりさまです。

だからこそ、

現状を悲観して、自己否定をしながら、

「私はさみしいおひとり様の老後」とか、

「自分の老後の生活は悲しい」と将来を心配しすぎて、老いが怖いという方。

もしくは、

50歳から人生100年時代の第二の人生を成功させ、キラキラ輝きながら生きることを考えてまいりましょう。おひとりさまの現状について、こちらが参考になると思います。

高齢の親見守り 老人遠隔 見守り

高齢親見守り 老人遠隔見守りの場合、やはりカメラで確認したいし、話したいという場合は、さまざまな製品がありますので、例をご紹介しておきます。

離れて暮らす親見守りカメラ

プライバシーの観点から、親が拒否しないのであれば

遠隔カメラで確認、話をすることもできます


ひとり親 見守りは、どこまで介入するか、も判断の一つになります。

親見守りサービス 親 一人暮らし 安否 確認

美肌

親一人暮らし 安否確認

離れた両親見守りたい、ひとり親見守りたい。。。定期的に訪問してくれないかなという場合

親の見守りサービスは、例えば

セコムの安否見守りサービスで、トイレなど必ず通る導線にセンサーを配置し、一定期間y語気がなければ異常信号がセコムに送信され、セコムの緊急対処員が、親の自宅まで駆け付けるというサービスもあります。

また、急病やけがの時には、ペンダントを握るだけで、セコムに緊急信号を送れるようになっています。

初期費用:工事料金48,400円 税込み 保証金:20,000円 (非課税、契約満了時返却)で

月額4800円税込み(レンタル)


介護予防について

身体介護見守り 

65歳になったら、介護保険の加入者であることを証明する「介護保険被保険者証」が交付されます。

しかし、介護保険サービスの利用を考えるのであれば、まず要介護認定を受けて、「要介護」または「要支援」の判定をしていただかなければなりません。

  • 「介護保険要介護・要支援認定申請書」を市区町村の 窓口に提出
  • ケアマネジャーなど聞き取りによる認定調査
  • 一次判定の結果、介護認定審査会が二次判定
  • 二次判定 介護認定審査会が審査判定
  • その後、認定結果通知書と認定結果が記載された被保険者証が送付される (申請日から30日以内)

要支援1とは?


日常生活の基本的なことは、一部を除いてほとんど自分で行うことができる。適切な介護サービスを受けることで、要介護状態になるのを予防できる状態

要支援2とは?


運動機能に低下が見られ、介助が必要とされる状態。適切な介護サービスを受ければ、要介護状態になるのを予防できる状態

要介護1とは?

身の回りのことはほとんどできるが、要支援2よりも運動機能や認知機能、思考力や理解力が低下しており、入浴など部分的に介護が必要

・要介護2とは
食事や排せつなど身の回りのことについても介護が必要

・要介護3
ほぼ全面的に介護が必要な状態、立ったり歩いたりできない

・要介護4
日常生活全般に介護が必要

・要介護5
一人で日常生活を送ることがほぼできない、意思の疎通も困難な状態

ヘルプサービス 介護予防サービス

高齢者ができる限り要介護状態にならないように、または介護状態の悪化を防ぐため、生活機能の維持向上や改善を目的として、介護予防サービスが受けられます。

一人暮らしですと、一日中テレビの前で過ごし、運動もしない、誰とも話さずに一日が終わってしまうことも十分に想定できます。

その場合は、介護予防サービスをコミュニケーション代わりに利用して、積極的にコミュニティに参加することも大事です。周りの友人たちが少しずついなくなると、友人をつくるのも一苦労。

例えば、介護予防通所リハビリテーション~ 介護老人保健施設、病院などで介護予防のための機能訓練などを、日帰りで受けられます。


要支援1および要支援2の介護予防サービスは以下のような内容になっています。

  • 介護予防訪問入浴介護~ 自宅で入浴をさせてもらえます。
  • 介護予防訪問看護~ 看護師などに自宅に訪問してもらい、点滴の管理、褥瘡の手当てをしてもらえます
  • 介護予防訪問リハビリテーション~ 理学療法士、作業療法士など、自宅でリハビリしてもらえますしてもらえます
  • 介護予防通所リハビリテーション~ 介護老人保健施設、病院などで介護予防のための機能訓練などを、日帰りで受けられます
  • 介護予防福祉用具貸与~ 福祉用具のレンタルできます
  • 介護予防短期入所生活介護 介護老人福祉施設などに短期間入り、食事や入浴などの生活援助が受けられます
  • 介護予防短期入所療養介護~  医療施設等にショートステイして医療ケアが受けられます
  • 介護予防居宅療養管理指導~  医師や歯科医師・薬剤師・歯科衛生士など自宅に訪問してもらえます。
  • 介護予防特定施設入居者生活介護~ (有料老人ホーム等)

介護 家事援助

親の介護、自分もしてあげたいけど体力的に難しいという方 家事代行サービス、管理栄養士観衆の宅配お弁当などこちらも参考になると思います。






ご自身の更年期障害など、イライラが体の不調から来ている方や、35歳以上の男性、40代50代女性の更年期障害の症状が気になる場合、こちらが参考になると思います




生活支援 サービス 介護保険

厚生労働省の資料によると、介護保険制度の中には、①要介護者(1~5)に対する介護給付、②要支援者(1・2)に対する予防給付のほか、

保険者である市町村が、「事業」という形で、要介護・要支援認定者のみならず、地域の高齢者全般を対象に、地域で必要とされているサービスを提供する「地域支援事業」という仕組み (2015年~)があります。

住民主体の生活支援サービスとは,ボランティア団体等の会員である住民によって提供される生活支援サービスで、在宅生活をしている事業対象者及び要支援1・2の方 (※要介護1~5の方は対象外となります)に対して提供されています。料金は、国が示す単価(包括報酬)を下回る単価で市町村が設定します。

生活支援訪問サービスの としては、ある市では

利用回数

 月4回まで(1回あたり30分~1時間程度)

サービス内容例
〇(提供可)買い物,掃除,洗濯,調理,ゴミの分別,ゴミ出し,布団干し,裁縫外出時(散歩・通院・買い物等)の付き添い※徒歩又は公共交通機関の利用に限る
△(〇と一体的に行えば可)話し相手,薬とり,電球交換,窓ふき,衣替え,草刈り,除草剤散布(薬品代は別途請求)
×(提供不可)身体介護(入浴介助,おむつの取替等),車での送迎

※注意点
・同居家族がいる場合も対象となります。
・日常生活を送るうえで必要な支援を行うことを目的としているため,継続的な利用が必要な方が対象となります。単発的な利用の方は対象外となります。

などがありますから、お住いの市区町村はどのようなサービス提供があるのか、問い合わせてみるのも一つです。

このほか、3~6か月の短期間で訪問型サービスCという市町村の保健師等が居宅での体力改善に向けた相談指導業務等のプログラムを行うサービスも受けられる市区町村もあるようです。

  1. 栄養改善プログラム
  2. 口腔機能の向上プログラム
  3. 認知機能の低下予防・支援
  4. 運動器の機能向上
  5. 膝痛・腰痛対策
  6. 閉じこもりに対する支援、
  7. うつ予防
  8. ADL(日常生活動作)やIADL(手段的日常生活動作)の改善に向けた支援が必要な場合、

などがあります。


編集後記

「毎日がつまらない50代女性」「人生つまらない50代」という方もとても多いです。







PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村にほんブログ村 ダイエットブログ 40代女性のダイエットへ
にほんブログ村にほんブログ村 ダイエットブログ 50代女性のダイエットへ
にほんブログ村にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました