新型コロナウィルスの目的とは。。。

新型コロナウィルスの目的とは。。。

ビジネスでも
普段の生活のなかでも

危機と思えるような時こそ

意外なチャンスが潜んでいることがある。

今、多くの高齢者が死亡し
感染者が拡大し
失業者も出ている。。

その苦境の中、地球は、
様々に大変化を遂げつつあるのだ。。

最近、JCペニーなど、米国の大手高級デパートの破産申請の話が、次々とニュースになっている。

事実、インターネット通販が、活発になった数年前から、業績はふるわず、

もはやその栄華を誇った時代は幕を閉じようとしていたのかも知れない。

SARSが大流行した後中国での通販大手アリババが成功したのは、

通販という道の世界に不安だった人々が、

「外に出たら、感染リスクが高く、怖いから
ネット通販というものを、試してみようか。。」
と思い、

それが広まって爆発的な利用に変化していったからだった。

現在でも

多くの百貨店が破産申請する中、

Amazonなどは人員を増やしても足りないくらいだ。

Amazonは、3月から4月にかけ既に、10万人以上を新規雇用

新型コロナウイルスの世界的なパンデミックによる
需要増加に対応している。

さらに、4月半ばには米国で7万5000人のフルタイム募集もかけた。

Amazon へは、フツーの中小企業が出品し、販売している。

しかしながらこのコロナウィルス感染防止のため流通は止まり配送ができなくなっている。

その一方で

Amazon本体は、着々と対応し
優先順位の高い医療用具などを確実に配送できるよう

商品の受け入れや仕入れを素早く
必要な人に優先的に届けられるようにしている。

ここに、Amazon一人勝ちが浮かび上がってくるわけだ。

百貨店どころか中小企業も、耐えられない。。。

こんな時に、何を言うのか!感染で人が死んでいるのに、不謹慎だ!と反発される方は、

ここから先は、スルーしていただきたいが

コロナウィルスがもたらした

売り上げを拡大した領域を挙げていきたい。

 まず、マスク、トイレットペーパーなどは、 売り切れ、イコール、 莫大な売り上げを得たはずだ。

 さらには、テレワーク関連で、
 リモート通信のソフトウェア開発会社
 パソコン、
 バーチャル会議用のWEBカメラ、

 ワーク用の椅子や、ディスプレイ

 自粛体制では

 通信系の研修・トレーニング

 ゲーム
 スポーツ用品(バドミントン等の遊具
 動画配信、レンタルDVD
 園芸やガーデニング関連

忘れてはならないのは
コンビニのお惣菜は昼間も夜も、莫大な量を消費することなった

各地でパニック的な買い占めが行われ、
フードデリバリー、
スーパー・家庭用食料品、 冷凍食品が、飛ぶように売れていった。

以前に新型コロナウィルスの世界的感染パンデミックには、

いったい、どんなメッセージが隠されているのか?

と、問いかけた。

答えは、
地球の大きな変化ではないか!

インターネットの世界に対応出来ない仕組みは、自然淘汰されていく。

そして、男性も女性も関係なく
社会に出て働くためには、
子育てや日々の食事が確保された仕組みが必要だ。

昔々の思い込みやしきたりにこだわりを捨てられずにいた、さまざまな事


例えば、印鑑の仕組みは、電子署名へ


学校の始業は、4月でなく9月にしてグローバルと合わせるべきとの声

抜本的な改革が今、次々と行われるかも知れない。

新型コロナウィルスは、米中の関係もかなり、浮き彫りにした。
EU諸国の実際の関係性も、あからさまに見えて来た。

そんななか、

アメリカ国防総省から、正式に未確認飛行物体の証拠映像も、公表された。

CNN pentagon officially released UFO videos

今こそ
世界は、人種や文化、地域を超えて地球🌏として、一つになれ。。。

ということではないか。


Taurus7 

経済、ビジネスカテゴリの最新記事