アルコール摂取関係ない肝臓病

アルコール摂取関係ない肝臓病



アルコール摂取に関係しない肝臓病




この記事は公衆衛生学修士が監修しました



新型コロナウィルス対策の自粛下にあっても

お散歩したり
どこかに出かけたいなあ。。。とか



家にずーっと家族でこもっているのは
耐えられなくなってきた。。。

とか



一人暮らしの方々は
社会から断絶されるというよりも




自らを、断絶し隠者のような生活になっていませんか?



感染拡大防止に協力する気持ちと

抑圧された中で、色んなことが起きていると思います




この状況を好転させたい!はず!



BCG摂取している国としていない国を比較したデータ

2020年7月9日米国科学アカデミー紀要(PNAS)で

興味深い予備調査が発表されたました。



BCGワクチンが

新型コロナウイルス感染症死亡率の軽減と関連がある、というもの



日本人は、ウィルスに暴露したとしても

98%が自然治癒する力があるという。



新型コロナウイルスは

体内に入り込む力は強いけれども、


かかっても多くの場合は

無症状か風邪の症状程度で
終わることが知られています。


しかし、1万~2.5万人に1人程度血栓形成を引き起こし


肺を中心に

多臓器の重篤な障害で高齢者などを死に至らせてしまうわけです。



現在行われている対策のうち
PCR検査というのは、コロナウィルスの遺伝子を探すもの!



つまり!
自然免疫により死んだウイルスや



人にうつす危険のないウィルスまで検知して
この人は陽性!としてしまう。



発症可能性がゼロ!に近い抗体陽性者でさえ、


再度新型コロナウイルスが、体内に入った時点で検査を行えば
陽性になる。



こんな方々を網羅的に検査したり隔離したり
医師らが、間に合わないほど働くなんて

意味があるのでしょうか?




日本では

新型コロナで

人口10万人に対し0.8人

が亡くなっています。



一方、自殺で亡くなっている人は、

人口10万人に対して16人。



全国で2万人強が、自殺で命を落としています。

過去に景気が悪化したときは、

10万人当たり24人が、自殺していました。



さらには、

自粛で、家から外出するな!という政策で

肥満の人が増えたら




ACE2受容体が増加し

新型コロナの感染リスクも

血栓形成のリスクも高まりますから



街へ出て行かない分

ウィルスへの暴露率は下がっても

感染率や

重症化率が上がることになるでしょう。


参考 >>野村元監督もサッチーも虚血性心不全!3つの注意点



新型コロナ情報を楽観視するつもりは、無いけれど



いつまでも新型コロナの渦の中に
いなくてもよいのではないか。。


そう思います。


何故なら

「仕方がない」と、口で言いながら抑圧された状態で日々を送れば

どこかに、歪みがきます。



例えば

太る!

今なら言い訳は
いくらでも立つけれども

太った身体を元に戻すのも大変だし

糖尿病のリスクも高まる。。

さらには、肝臓の病気というと

お酒の飲み過ぎ🥃。。
をイメージされた方も多いかも知れませんが

実は

お酒を飲んでいない人でも

同じように肝臓の病気が進行してしまう

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)ナッフルデー

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)ナッシュ

最近、

非常に注目されているのです!


NAFLDは
いろいろな原因で起こる脂肪肝の総称で、

肥満、糖尿病、脂質異常症、高血圧を伴っていて


メタボリックシンドローム!の肝臓病

内臓脂肪型肥満をもとに

つまり!運動不足で肝臓まで、悪くなるリスクがあるわけです



NAFLDのうち80~90%は
長い経過をみても脂肪肝のまま

病気はほとんど進行しないのですが、


10~20%の人は徐々に悪化
肝硬変に進行したり、


なかには肝がんを発症したり脂肪肝から徐々に進行する肝臓病のことをNASH(ナッシュ)」といいます。



在宅勤務が続くと
ほとんど歩かずに1日を終える方

パソコンの前で一日中 作業して、疲れてしまう方

ラクなようで
不健康リスクは高いです。



1日1回は

全身ストレッチをする時間 約20分を取りましょう!

コチコチの体が、ラク〜になります。



散歩は、とーっても大事です。

参考!


できれば
腹筋など、運動を取り入れて見る時間 約30分

運動の後

たっぷりのお湯をためて


入浴するのは、最高💕💕💕

お腹もほどよくすくし

何より、よく眠れます!





◇身体のアンチエイジング (予防医学)カテゴリの最新記事