更年期障害に打ち勝つ!

この記事は公衆衛生学修士が監修しました。

更年期障害に打ち勝つ!



男性の更年期障害

👇こちらに詳しくまとめてあります

ヒトには聞けない 更年期障害の悩み 実は男性の更年期障害も!


女性の更年期障害



年齢とともに、エストロゲンの分泌は減少しますから

さまざまな症状に悩まれている方も多いでしょう。

更年期障害 対策





そこで、エストロゲンとよく似た働きをするエクオールに注目してみましょう。

大豆製品を食べると🌟



腸内で大豆イソフラボンの一種

腸内細菌によって代謝され、エクオールが作られるのです。




まずは、納豆、豆腐、豆乳 など、大豆製品 を積極的に摂取してみましょう。。🙋‍♀️







ただし!

エクオールを体内で作れる人と作れない人がいるのです。

検査でわかります。。



もし、体内で作れない場合は、
 
サプリメントなら効果的に摂取できるようになります。



サプリの場合は、

1日に摂取できる量に制限があります。



用法用量を守って、安全に 😃


健康と美しさを手に入れましょうね!

サプリのおすすめは、こちら


理想的な更年期障害対策


東京で評判の高い
産婦人科に行く機会がありました。


なんと待合室は、若い男女のカップルだらけ!

恐らく
不妊治療だけではないのでしょう



待合室は若い若い
カップルで埋め尽くされていたのです。






現在アラフィフ や、アラカン世代の方々




産婦人科の検査にカップルで行くということは
普通のこと、ではなかったなぁ。。と思いませんか?



二人で一緒に取り組もうとしてるんだあ。。と考えたら



ある意味 素敵!



妊娠、出産は大事なイベントですから、もし不妊治療としても

男性側に問題があれば


何をしたって
数年間無駄にするわけ、ですから。。



数年前までは

不妊というと
女性の責任ばかりにさせられたり、



長男の嫁は
男の子を産まないと失格とか。。

女腹?とか???



子宮頸がん、一つをとっても間違った知識で判断されていた事実がたくさんありました。



参考 >>子宮頸がんと性交渉、浮気?



女性に責任がなくっても
社会がその女性を責めていた時代。。今もなお、そうかも知れません。


何が申し上げたいかと言いますと

更年期障害だって、話し合って2人で対策したら

軽〜くなる!



二人でこのようなイベントに取り組もう!ってことを

アラフォー アラフィフ アラカン世代に応用すると

約45歳から始まる更年期からのいろんなこと



男として

女として

もっとオープンに話し合っていいと思うのです!



全ての女性に、等しく訪れる更年期







世界一の長寿国


日本女性の平均寿命86.61歳は素晴らしい

けれども、一方で

閉経後30年以上ある日本女性人生を、どう生きるか。。





受け身で、何もしなければ


身体の変化は20歳から50歳になるのと

50歳から80歳になるのとではまるで違う!のです。



この、更年期の時期に行うべき、

適切な運動や食事など

行動を起こさなければ、流されるまま。。衰え


=

身体は、どんどん錆びいってしまうのですね。



参考 >> 何故、毎日1万歩!が推奨されているのか?


更年期は
セカンドライフへの通過点



女性の身体は、さまざまに変化して

更年期症状だけではなく、泌尿生殖器症状もでてくるかもしれません



萎縮性膣炎や

尿失禁


性交痛も。。




参考 >>乳がんと〇〇 大規模な科学的研究が示した結果!



年齢をとったから、人生を楽しめないのではなく



もっともっと

楽しく生きるチャンスを増やすために


オープンに話しましょ!





更年期以降に起こるかもしれない


さまざまな病気だって



江戸時代や、昭和の先輩たちが
経験してきて



それをもとに
素晴らしい予防法だって、治療法だって、たくさんでてきているのですから



恥ずかしいから諦めよう。。とか

イライラするからほっといて。。とか



もう歳だから。。とか、



何もなかったことにして

嘘の自分を演じて終わり。。とかじゃなく、



あなたの意志で、あなたの未来は変えられる!ということを思い出してください。



参考 >> 老いは怖いを変える 二つの秘訣




◇身体のアンチエイジング (予防医学)カテゴリの最新記事